傷病名と診断書

障害年金における診断書は、疾病名毎ではなく、障害の種類によって8種類に分けられています。

<疾病一覧>

障害の種類 疾患名
白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、網膜色素変形症 など
聴覚、鼻腔機能、そしゃく、嚥下機能,言語機能 メニエール病、感音性難聴、突発性難聴、頭部外傷等による内耳障害、外傷性鼻疾患、咽頭摘出術後遺症 など
肢体 脳卒中、脳出血、重症筋無力症、間接リュウマチ、脊髄損傷、進行性筋ジストロフィー、上肢または下肢の離断または切断 など
精神 統合失調症、うつ病、躁鬱病、てんかん アルコール精神病 など
呼吸器疾患 気管支ぜん息、肺線維症、肺結核 慢性気管支炎 など
心疾患、高血圧 狭心症、心筋梗塞、高血圧性心疾患 など
腎疾患、肝疾患、糖尿病 慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、人工透析、肝硬変、多発性肝腫瘍、肝がん、糖尿病 など
その他 悪性新生物(がん)、直腸膀胱障害 悪性リンパ腫 など

診断書は、傷病について上記の診断書の1つを使用しますが、1つの傷病で2つ以上の障害が発生する場合は、それぞれの障害に応じた診断書が必要になります。

障害の対象になる疾病をご覧になり、ぜひ調べてみたいとお考えの方は、お気軽にお問合せください。