請求時の必要書類

障害年金請求に必要な書類は、必ず必要な書類と、請求内容に応じて必要とされる書類に分けられます。

<必ず必要とする書類>

必要書類 内 容
裁定請求書
(2種類)
年金事務所に用意されているもので、請求する障害年金によって2種類あります。氏名や住所、配偶者や子などの必要事項を記入する書類で、障害年金はこの裁定請求書に診断書等の添付書類を添付し申請します。
診断書
(8種類)
障害年金の診断書は、障害の種類によって8種類に分けられています。
年金事務所で傷病により必要な診断書の配布を受けます。
傷病名と必要な診断書に関しては ⇒傷病名と診断書 をご覧ください。
病歴
(就労状況等)
申立書
①申立書は2種類があります。障害厚生年金の裁定請求には「病歴・就労状況等申立」を使用し、障害基礎年金(報酬比例がないもの)の裁定請求には「病歴状況申立書」を使用します。
②病歴(就労状況等)申立書は、請求者が記入します。発病から初診日までの経過、現在までの受診状況および就労状況等について記載するもので、審査に関して重要な資料となります。申立書の記載は、発症からの流れを重視してより具体的に記載することがポイントになります。
③各傷病に応じたアンケート様式が、年金事務所に用意されています。必要に応じて添付します。

<請求内容に応じ必要な書類>

必要書類 内 容
受診状況等
証明書
受診状況等証明書は、診断書作成医療機関と初診時の医療機関が異なる場合に、初診時の医療機関で取得が必要な書類です。
初診日から継続して同一の医療機関で受診されている場合は、提出された診断書で初診日の医師の証明ができますので必要ありません。
受診状況等
証明書が添付
出来ない理由書
初診時の医療機関で受診状況等証明書を取得できない場合に、請求者が記入する書類です。
加算対象者の
確認書類
加算の対象になる子(*1)や配偶者(*2)がある場合に必要な書類で戸籍謄本(戸籍の全部事項証明書)、世帯全員の住民票と必要により収入証明を添付。
(*1)18歳到達の年度末までにある者または20歳未満で障害等級1級・2級に有る者
(*2)65歳未満の者